Level 2 Grammar – ni totte

~にとって(は) / ~にとっての / ~にとっても
~ni totte (wa) / ~ni totte no / ~ni totte mo

意味: ~の立場から見ると <後ろには判断や評価がくる。>
* From the standpoint of; so far as N is concerned
* For~ ; To~ (a judgment or assessment will follow this expression)
接続: [名]+にとって
例文: 

        この写真はわたしにとって、何よりも大切なものです。
        このしゃしんはわたしにとって、なによりもたいせつなものです。

        今村さんは私にとって遠い親戚に当たる。
        いまむらさんはわたしにとってとおいしんせきにあたる。

        環境問題は、人類にとっての課題だ。
        かんきょうもんだいは、じんるいにとってのかだいだ。

* にとって cannot mark a noun which represents the experiencer or agent. In this case, には is used:
ー> この仕事は私 {には/*にとって} できない。

* にとっての is the prenominal form of にとって. には has no prenominal form.
には gives a sense of contrast in some contexts while にとって does not.  In the following sentence

        これは我々{には/にとって}無視出来ないもんだいだ。
        これはわれわれ{には/にとって}むしできないもんだいだ。

it can imply that not for others but for us, or at least for us, this is a problem which cannot be ignored. The sentence with にとって does not have this implication.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: